2020.08.07

『I’m home.』の撮影

36℃の猛暑の中、新百合ヶ丘の家の撮影取材に同行しました。
竣工写真ではなかったアングルや編集長の絶妙な配置の備品を用いたカットだったり、どのカットも空間の特徴を捉えた力の篭った撮影でした。
I'm home. 2020年11月号に掲載予定です。今から紙面がとても楽しみです!

新百合ヶ丘の家

2020.07.28

某出版社の撮影下見

某出版社の撮影取材の下見で、新百合ヶ丘の家に同行しました。編集者さんが住み手の所持している家具や小物を念入りにチェックされていました。来週の撮影が楽しみです!それまでに梅雨が明けてくれるといいのですが。。。

2020.07.24

オンライン建築家交流戦

所属するJIA文京地域会は京都地域会と地域交流として、2015年より毎年見学会などを行ってきました。新型コロナウィルス感染拡大の影響で見学会の開催が困難な今年は、オンラインでの交流会として「JIA京都地域会・文京建築会 オンライン建築家交流戦」が行われました。東(文京)と西(京都)で5人対5人の建築のプレゼンを競い合う団体戦で、各々の建築や建築論を熱くプレゼンしあい、オーディエンスの投票で勝敗を決める某歌合戦のようなイベント(笑)。僕は東の先鋒として、設計中のプロジェクトをプレゼンさせていただきました。大先輩の建築家方から批評いただいたり、プレゼンを目の前で聞くことができて沢山の刺激を受けました!

JIA関東甲信越支部

2020.07.12

アーティゾン美術館を訪問

京橋のアーティゾン美術館で開催中の「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」展を鑑賞してきました。
この展示で表現されている「共異体」という言葉がとても印象的で、価値観の異なる他者や人間以外のものが別々の方向を向いていながらも共に在るという考え方にこれからの社会を示唆しているようでとても共感しました。
展覧会は10/25まで。おススメです!

アーティゾン美術館

2020.07.07

「笠間の家」を訪問

出張のついでに、前々からずっと来てみたかった「笠間の家」に行ってきました。
元々陶芸家の故里中英人さんのアトリエ兼住居として建築家の伊東豊雄さんが設計した建築ですが、今は笠間市が里中さんのご遺族から寄贈を受け修復を行っています。当事の伊東さんが今の僕と同じ40歳だった頃に竣工したこの建築は、高低差のある地形を活かした曲面状のプランや断面構成、分割された屋根の起伏による室内ボリュームの変化など見どころ満載で、大きな刺激を受けました。

笠間の家 / 設計:伊東豊雄

笠間の家
1 2 3 4 9