2020.07.12

アーティゾン美術館を訪問

京橋のアーティゾン美術館で開催中の「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」展を鑑賞してきました。
この展示で表現されている「共異体」という言葉がとても印象的で、価値観の異なる他者や人間以外のものが別々の方向を向いていながらも共に在るという考え方にこれからの社会を示唆しているようでとても共感しました。
展覧会は10/25まで。おススメです!

アーティゾン美術館

2020.07.07

「笠間の家」を訪問

出張のついでに、前々からずっと来てみたかった「笠間の家」に行ってきました。
元々陶芸家の故里中英人さんのアトリエ兼住居として建築家の伊東豊雄さんが設計した建築ですが、今は笠間市が里中さんのご遺族から寄贈を受け修復を行っています。当事の伊東さんが今の僕と同じ40歳だった頃に竣工したこの建築は、高低差のある地形を活かした曲面状のプランや断面構成、分割された屋根の起伏による室内ボリュームの変化など見どころ満載で、大きな刺激を受けました。

笠間の家 / 設計:伊東豊雄

笠間の家

2020.07.07

「フォレストイン益子」を訪問

フォレストイン益子 / 設計:内藤廣

フォレストイン益子

2020.07.07

「道の駅ましこ」を再訪

道の駅ましこ / 設計:原田真宏+原田麻魚

道の駅ましこ

2020.06.26

『北欧家具 talo』山口太郎さんをインタビュー

JIA広報誌の「他人の流儀」のインタビューにオブザーバーとして同行し、僕の実家近くにある『北欧家具 talo』へ行ってきました。
taloへは以前個人的に買い物に来たとき以来ですが、今回はオーナーの山口太郎さんに現在のtaloに至るまでのいきさつ、taloの未来について楽しいお話を伺いました。
インタビュー後は、ついつい買い物に夢中に(笑)
太郎さん、ありがとうございました!

北欧家具 talo

2020.06.20

「軽井沢千住博美術館」を訪問

『千住博-滝 滝 滝-』展を見に軽井沢に行ってきました。
千住さんの作品を展示する美術館は、軒を低く抑えられ青々とした植物に覆われた佇まいや、ゆるやかに傾斜をもつ地形がそのまま展示スペースとなる内部空間など、森の中にいることを体感できるランドスケープのような建築でした。

軽井沢千住博美術館 / 設計:西沢立衛

軽井沢千住博美術館

2020.06.12

「ほうとう不動」を訪問

ほうとう不動 / 設計:保坂猛

ほうとう不動

2020.05.11

オンラインレクチャー

今年度より東京工芸大学にて非常勤講師に着任しました。
そのような矢先、新型コロナウィルスの影響で前期の授業はオンラインでの開講となりました。
初日の今日は、自己紹介を兼ねたショートレクチャーで学生時代から現在までの設計活動をお話ししました。
写真は大学2年生当時に友人と作った2mキューブの小屋です。
今風に言えば、「ダンボール断面の皮膜で覆われたソーシャルディスタンスを体験できるインスタレーション空間」とでも言えるでしょうか。。。
小屋の空間体験が僕の設計活動の原点でもあります。

2020.02.02

「相模原の家」を訪問

相模原の家 / 設計:青木弘司

2020.01.24

「みんなみの里」を訪問

みんなみの里 / 設計:アトリエ・ワン

みんなみの里
1 2 3 4 5 6